ヒオドシベラyg登場です!

9月16日(水) 天気:曇り 気温:27℃ 風向き:北東

本日は終日曇り空ですっきりしないお天気ですね。北東の風が吹いて秋らしく涼しい一日でした。

ここ数日は、スノーケリングのゲストが続いたため、午後から秋の浜へ調査ダイビングに行ってきました。

<秋の浜> 水温:23~27℃ 透明度:15m

秋の浜は全体的に水温が安定してきましたね。深場の水温も23℃で快適に潜れますね。

エントリー口にいる極小のイロカエルアンコウygがいまだに健在ですね。頑張って大きくなって欲しいですね。

正面に向かう途中で情報をもらっていたヒオドシベラygが観察できました。まだ透明感があって可愛い個体ですね。

深場のヤシャハゼは機嫌よく出ています。今日もかなり近くまで寄れました。

ジョーフィッシュは、巣穴の整備中で顔を出してくれました。

ハダカハオコゼも定位置ですね。

今シーズン大量出現中のニシキフウライウオは8個体観察できました。3ペアとシングルが2個体、シングルの個体も卵を抱えていたので近くに相方がいそうですね。ニシキフウライウオでスタンプラリーができそうですね。

浅場では、大きめのイソコンペイトウガニを発見!親指の爪サイズなので老眼でも観察できます♪

タテガミカエルウオは同じテーブルサンゴについていますね。

ハシゴの下では、小さなカンムリベラygが観察できました。小さな個体は色が綺麗ですね。