ミノカサゴがたくさんいます

4月24日(水) 天気:曇り 気温:20℃ 風向き:北東

本日は朝から曇り空で時折雨がぱらつきました。南風で気温が高く、秋の浜はべた凪でしたね。

午後から調査ダイビングにいってきました。

<秋の浜> 水温:16~17℃ 透明度:15m

秋の浜は、何気なく水温が下がっている気がしますね。16℃台後半です。

透明度はよく気持ちの良い海でした。曇っているせいで暗めの水中ですが・・・。

正面では、ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウが出ていましたが暗いせいかシャイでしたね。

 

トゲトサカには、ナカソネカニダマシがついていました。5ミリほどの大きさですね!!

 

アカスジカクレエビも観察できますね。透明感の凄い清純派のエビですねw

 

今シーズンは、ミノカサゴハナミノカサゴの個体数が多くいたるところで観察できます。中層を泳いでくれると絵になりますね。

 

水深を上げていくとイガグリウミウシが移動中でした。

 

浅場では、サザナミヤッコygが越冬して元気に泳いでいます。

 

カンムリベラygも越冬個体が多いですね!もはや普通種です!!